ヤッスーの美味美味kitchen

筋トレ、料理大好きな大学生ヤッスーです!料理は簡単レシピからこだわったレシピまで幅広くお届けします!「簡単だけど本格的」をモットーに誰でも作れるように細かくポイント説明します。少し難しい料理でも写真とともに詳しく説明するので誰でも作ることができます。また「老若男女問わず誰でも料理は作れる」ということをこのブログで証明できるように頑張ります!たまに筋トレ、雑記も書きます。

色んなプロテインを試してみてガチで初心者におすすめできるものを3つ紹介する。

スポンサーリンク

f:id:muscle1046:20180925122851j:image

どうも。ヤッスーです!

いきなりですが、筋トレをこれから始めようと意気込むあなたにとって、まず迷うのはプロテイン選びですよね?どの種類の、どのメーカーのプロテインがいいのか。まだ筋トレ初心者にはわからないですよね…

 

そういうわけで!今日は筋トレを1年以上続けているヤッスー、そして周りのトレーニーの方々も絶賛しているプロテインを3選紹介したいと思います。今回紹介するプロテインを買えばまず間違いはないです!

 

まずは、プロテインを紹介する前にプロテインが引き起こす効果についてお話ししていきたいと思います。

 

タンパク質の役割、そしてプロテインを使用するメリットについて

筋肉をつけるに当たって1番大事な栄養素はもちろんタンパク質です。タンパク質と聞くと、肉、卵、魚、そして大豆など自然の食材を思い浮かべると思います。これらのタンパク質を摂ることにより、筋肉や髪の毛、爪、そして皮膚が構成されていくのです。

また高タンパクを意識した食事によって心臓病や、糖尿病の予防や、体重減少効果、そして体温上昇効果なども期待できます。このように、私たち人類によってタンパク質はかけがえのない栄養素です。

そしてあなたが今購入しようとしているプロテインもタンパク質なのです。

プロテインも、肉や魚などと同じタンパク質ならば

「タンパク質を毎日たくさん摂ることができたらプロテインを買うは必要ないのじゃないの?」

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。その考え方は間違いではありません。

 

しかし、毎日高タンパクを意識した食事を続け、一日のタンパク質摂取量の目安を上回ることができるのでしょうか?ここでいう一日のタンパク質摂取量の目安とは

一日のタンパク質摂取量の目安=体重×2~3(g)

です。つまり体重60kgの人が筋肉量の増加を目指し筋トレを行なっているのであれば、一日にタンパク質を120~130g(納豆が約16パック分、卵が約21個分、そして鶏のささみが約600g分)も摂取しなければならないわけです。

 

このタンパク質量を毎日意識して摂取することは比較的容易なことではありません。そこで役に立つのがタンパク質が大変多く含まれているプロテインなのです。プロテインの一食分あたりのタンパク質は約20~24g含まれています。

つまり、食事で摂取することができなかった分のタンパク質をプロテインで簡単に補うことができるというわけです!

 

また、激しい筋トレをした後の私たちの体は様々な筋肉細胞が傷つきボロボロの状態です。この傷ついた筋肉細胞を修復してくれるのもタンパク質なのです。

 

しかし筋トレ後、約45分以内にタンパク質を摂取しなければ筋肉の分解が始まっていきます。逆に筋トレ後すぐにタンパク質を摂取することによって筋肉の増加を見込むことができます

 

つまり筋トレを行なった後は家に帰ってからタンパク質を摂るのではなく、できるだけその場でタンパク質を摂取することが大事なのです。そのため、その場で簡単に摂取することができるプロテインがおすすめというわけです!

このようにプロテインは日常生活で不足しつつあるタンパク質を簡単に補うことができるとともに、場所を選ぶことなく、いつでもどこでも高タンパクを摂取することが最大のメリットとなるのです。

 

以上のことから筋トレをするにあたって、プロテインがどれほど大事なものかがよくわかったと思います。

それでは本題に入ります!

これからヤッスーそして他のトレーニーが大絶賛するおすすめプロテインを三種類ご紹介いたします!

 

スポンサーリンク

 

3位 ビーレジェンド

メリット

このプロテインの最大の魅力といえば、味の豊富さ、そして飲みやすさです。「これは本当にプロテインなのか?」と思わせるほどの美味しさです!特にヤッスーのオススメの味は「一杯飲んどコーラ味」です。プロテインなのに微炭酸。シェイカーを開けるとプシュッという音がなります。そして味も最高に美味しいです。他の味もかなり美味しくいただけるみたいです!そして値段の安さもメリットです。飲みやすく低コストなので筋トレ初心者にはもってこいの商品だと思います!一食分あたりのタンパク質量は約20.8gです。

デメリット

このプロテインのデメリットといえば、やはりプロテインの溶けにくさ、そして泡立ちの多さではないでしょうか?後で紹介する二つの商品と比べてもダマが少し残りやすく、泡立ちが多いように感じます。

 

ビーレジェンドの購入はこちらから↓ 

 

2位 マイプロテイン

メリット

このプロテインの最大の魅力といえば、値段の安さ、泡立ちの少なさ、そして溶けやすさです!ビーレジェンドと比べると、マイプロテインのプロテインは非常に溶けやすく、また泡立ちも少ないように感じます。マイプロテインもビーレジェンドと同様に味の種類が豊富で自分の好きな味を選択できるところもこの商品のメリットになります!一食分あたりのタンパク質量は約21gです。

デメリット

マイプロテインのデメリットといえば、商品配達の遅さ、そして雑さではないでしょうか?プロテインを注文してから家に届くまでに約二週間以上かかります。そして、プロテインの袋が破れて中身が吹き出ていることも、ちらほらあるそうです。袋が破れる原因は空輸便過程で気圧変動によるものだとされています。 

1位 ゴールドスタンダード

メリット

ゴールドスタンダードのメリットといえば、味のよさ、泡立ちの少なさ、そして溶けやすさです。味がかなり美味しいにもかかわらず、泡立ちも少なく、溶けやすいです。また、タンパク質含有量もビーレジェンド、マイプロテインと比べると多く、筋肉をつけたいあなたを裏切らないプロテインになると思います!

そして、このプロテインは筋肉ユーチューバーである、jinさん、カネキンさん、メトロンブログさんをはじめ多くのフィジーカー、ボディビルの方々に愛用されているのも事実です。ヤッスーも一番おすすめするプロテインです。一食分あたりのタンパク質量は約24gです。

デメリット

ゴールドスタンダードのデメリットはビーレジェンド、マイプロテインと比べると値段が少しだけ高いところでしょうか。しかし値段が特別に高いというわけではないのでお金に余裕のある方は購入してみてはいかがでしょうか?

 

ゴールドスタンダードの購入はこちらから↓

※ゴールドスタンダードのプロテインは2.27kgから販売されています。

 プロテイン三種類の比較表

この表を参考に今自分にとって一番合うプロテインは何かを考えて見てください!

f:id:muscle1046:20180918132330p:image

 

おすすめプロテインシェイカー

ヤッスーの他、様々なトレーニーが愛用しているプロテインシェイカーはこちらの二種類です!プロテインと一緒に購入してくださいね。

プロテインを飲み筋トレをしながら1ヶ月糖質制限をした体の変化

プロテインはダイエットにも役に立ちます。その性質を使って1ヶ月間糖質制限をしてみた体の変化を下記の記事に書いています。興味のある方はぜひ見てくださいね!!

www.yassu-cooking.com