だれウマ

筋トレ、料理大好きな料理研究家だれウマです!料理は簡単レシピからこだわったレシピまで幅広くお届けします!「簡単だけど本格的」をモットーに誰でも作れるように細かくポイント説明します。少し難しい料理でも写真とともに詳しく説明するので誰でも作ることができます。また「老若男女問わず誰でも料理は作れる」ということをこのブログで証明できるように頑張ります!たまに筋トレ、雑記も書きます。

正直、中華屋の蒸し鶏を超えます!肉汁に溺れるほどしっとり柔らかい『極 蒸し鶏』の作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どのレシピよりも詳しく見やすく丁寧に!

どうも!料理研究家のだれウマです。

 

今回は中華屋に負けないほど美味しい『極 蒸し鶏』の作り方をご紹介します!

肉汁に溺れるほどジューシーでしっとり柔らかい蒸し鶏を是非お試しください!

 

『極蒸し鶏』の作り方をYouTubeでも紹介しております!

youtu.be

 

材料(1〜2人前)

  • 鶏もも肉(常温に戻す) 1枚
  • 塩 小さじ1/2
  • 長ネギの青い部分 1個
  • 長ネギの白い部分(微塵切り) 1本
  • ニンニク(すりおろす) 1片
  • 生姜(すりおろす) 5g
  • サラダ油 大さじ2
  • ○鶏ガラスープの素 大さじ1
  • ○砂糖 小さじ2
  • ○白だし 大さじ1/2
  • ○ごま油 大さじ1/2
  • ○味の素(お好みで) 4振り
  • ○ブラックペッパー 適量

肉汁に溺れる!しっとり柔らかすぎる『極 蒸し鶏』の作り方

1.鶏もも肉の両面に塩を振って馴染ませ長ネギの青い部分と共にジッパー付きの袋に入れたら、空気を抜き袋を閉じる。

注意点

鶏もも肉が冷たい状態だと中まで完全に火が通らないので作る1時間前から鶏肉を冷蔵庫から出して室温に戻しておくこと

 

2.鍋いっぱいに水を入れて沸かし袋に入れた状態のまま鶏肉を入れたら、上から重石をのせて蓋をし火を消して30分余熱で火を通す。

注意点

今回は鍋のお湯の余熱を利用して鶏もも肉に火を通すので温度が下がりづらいように多めのお水を加えてください!

だれウマポイント

沸騰させたお湯の余熱を利用して鶏肉に火を通すことで鶏肉にゆっくり火を通すことができ、非常にジューシーな仕上がりに!

 

3.耐熱容器に微塵切りにした長ネギとすりおろしたニンニクと生姜を入れる。フライパンにサラダ油を入れ2分ほど中火で熱し煙が出てきたら、長ネギにサラダ油を直接回しかけて混ぜ合わせる。○を加え再び混ぜたらネギ塩だれの完成。

だれウマポイント

熱したサラダ油を長ネギ、ニンニク、生姜にかけることで食材それぞれの辛みを飛ばし、甘みを引き立てることができる

だれウマポイント

ネギ塩だれに白だしを加えることで風味とうま味が格段にアップ!

 

4. 30分経てば鶏肉を切り分けお皿に盛り付ける。上からネギ塩だれをかけたら完成!

 

ちょっと高いけど一生使えるだれウマおすすめ調理器具