だれウマ

筋トレ、料理大好きな大学生だれウマです!料理は簡単レシピからこだわったレシピまで幅広くお届けします!「簡単だけど本格的」をモットーに誰でも作れるように細かくポイント説明します。少し難しい料理でも写真とともに詳しく説明するので誰でも作ることができます。また「老若男女問わず誰でも料理は作れる」ということをこのブログで証明できるように頑張ります!たまに筋トレ、雑記も書きます。

ほぼ放置でできる!鶏胸肉を世界1ジューシーで柔らかく焼く方法『鶏胸肉のステーキ』の作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どのレシピよりも詳しく見やすく丁寧に!

どうも!料理研究家のだれウマです。

 

今回は世界1ジューシーでしっとり柔らかい『鶏胸肉の焼き方』をご紹介します。

ほぼ触らず放置するだけで鶏胸肉の概念をぶち壊すほど柔らかくてジューシーな鶏胸肉に仕上がるので是非お試しください!

 

『鶏胸肉のステーキ』の作り方をYouTubeでも紹介しております!

youtu.be

 

材料(1~2人前)

  • 鶏胸肉(室温に戻す) 1枚
  • 玉ねぎ(微塵切り) 1/2個
  • 塩 ふたつまみ
  • サラダ油 小さじ1
  • ○醤油 大さじ1
  • ○料理酒 大さじ1
  • ○みりん 大さじ1
  • ○ 砂糖 大さじ1/2
  • 柚子胡椒(おろしニンニク) 3cm(小さじ1/2)
  • ブラックペッパー 適量

世界1ジューシーで柔らかい!ほぼ放置でできる『鶏胸肉のステーキ』の作り方

1.室温に戻した鶏胸肉と微塵切りにした玉ねぎを袋に入れて袋を閉じ、最低でも1時間できれば半日置く。

だれウマポイント

玉ねぎに含まれるタンパク質分解酵素『プロテアーゼ』によって鶏胸肉の筋繊維を破壊し驚くほど柔らかい食感の鶏胸肉に!

だれウマポイント

玉ねぎに含まれる硫化アリルによって鶏胸肉の臭みを消すことができる

注意点

鶏胸肉が冷たい状態だと焼き上げる際に中心部まで上手く火が通らないので、必ず焼き上げる1時間前に室温に戻すこと。

 

2.鶏胸肉に付いた玉ねぎを払いながら袋から出し鶏胸肉から出た水分をキッチンペーパーで拭き取ったら、鶏胸肉の両面に塩を振って馴染ませる。

 

3.フライパンにサラダ油を引き鶏胸肉の皮をピンと伸ばしたら、鶏皮を下にしてフライパンの中に入れる。上からアルミホイルを被せて弱火で15分触らずに焼き上げる。

だれウマポイント

鶏皮をピンと伸ばした状態で焼き上げることで分厚い鶏皮から身の方へ徐々に火が通るので、ふっくら柔らかな食感に!

だれウマポイント

フライパンの上にアルミホイルを被せることで脂が飛び散るのを防ぐことができる他、フライパンにこもった熱が逃げづらくなり、中心部までゆっくり火が通る。

 

4. 15分経てばアルミホイルを外して鶏胸肉を裏返し再びアルミホイルを被せたら、すぐに火を消して次は10分フライパンの中で鶏胸肉を休ませる。10分後鶏胸肉を取り出す。

だれウマポイント

鶏皮をを下にしてアルミホイルをし弱火で15分焼き上げた後に鶏胸肉を裏返して火を消し再びアルミホイルを被せて弱火で10分休ませることで、鶏胸肉がパサつくことなく絶妙に火入れができる

 

5.フライパンに残った鶏胸肉の肉汁を利用して玉ねぎソースを作る。鶏胸肉と共に漬け込んだ玉ねぎをフライパンに入れて弱火で加熱し、玉ねぎが薄く色付けば○を加えて軽くとろみが付くまで煮詰める。とろみが付けば柚子胡椒とブラックペッパーを加えて馴染ませたら玉ねぎソースの完成。鶏胸肉を薄くそぎ切りにしてお皿に盛り付け、上から玉ねぎソースをかけたら完成!