だれウマ

筋トレ、料理大好きな料理研究家だれウマです!料理は簡単レシピからこだわったレシピまで幅広くお届けします!「簡単だけど本格的」をモットーに誰でも作れるように細かくポイント説明します。少し難しい料理でも写真とともに詳しく説明するので誰でも作ることができます。また「老若男女問わず誰でも料理は作れる」ということをこのブログで証明できるように頑張ります!たまに筋トレ、雑記も書きます。

大根と手羽先がホロホロ!煮汁も黄金比!今までの手羽大根を超越した『極手羽大根』の作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どのレシピよりも詳しく見やすく丁寧に!

どうも!料理研究家のだれウマです。

 

今回は僕が一番美味しいと思う『極手羽大根』の作り方をご紹介します。

何度も試行錯誤して完成させた手羽大根は煮汁の味わいが奥深くて絶妙で、手羽先と大根はホロホロです。

この通りに作ればお店を出せるほど美味しい手羽大根に仕上がるので是非一度お試しください。

 

 

予約開始数時間でベストセラー1位に!ただ今爆売れ中!食べるだけで痩せていく『やせウマずぼら飯 極』の発売決定!

YouTubeの企画『30日後にマッチョになるだれウマ』で8kgのダイエットに成功しただれウマが30日間食べていた超絶品の痩せ飯を全て掲載!

キツくて辛いダイエットとはおさらば!

このレシピ本があれば美味しく食べて楽しく、そして楽にボディメイクすることができますよ!

 

手羽先と大根がホロホロ!最高に美味しい『極手羽大根』の作り方をYouTubeでも紹介しております!

www.youtube.com

 

材料(3人前)

  • 手羽先(手羽はしを切る) 8~10本
  • 大根(分厚く皮を剥き半月切り) 500g
  • サラダ油 大さじ1
  • ○水 400ml
  • ○料理酒 200ml
  • ○ザラメ(砂糖) 大さじ3
  • ○昆布 1枚
  • 醤油 大さじ5
  • みりん 大さじ5

 

手羽先と大根がホロホロ!本当に美味しい『極手羽大根』の作り方

1.手羽先の手羽端を切り落とし身の方に1本切れ込みを入れる。分厚く皮を剥いて半月切りにした大根の両面中央に切れ込みを入れる。

だれウマポイント

手羽端を切り落とすことで食べやすくなる他、骨髄が剥き出しになるので鶏肉の濃厚な出汁を抽出できる

だれウマポイント

大根は程よく甘く、水分の量も程よい真ん中を使用すること

だれウマポイント

手羽中と大根に切れ込みを入れることで手羽中と大根の中まで味を染み込ませることができる

 

2.大きめのフライパンにサラダ油を入れて中火で熱し皮の方から手羽中を加えたら、皮目がこんがり色づくまで焼いて取り出す。その後、鶏皮から出た脂を利用して大根の両面にも焼き色を付ける。

だれウマポイント

手羽中を煮込む前に皮目に焼き色を付けることで煮汁に香ばしさと鶏肉のうま味をプラスし奥深くコクのある手羽大根に!

だれウマポイント

手羽中から出た香ばしさとうま味が詰まった油を大根に回して焼き上げることで大根にも鶏肉の香ばしさやうま味を移すことができる

だれウマポイント

大根の両面をしっかりと焼き上げることで大根の水分を飛ばして甘みを引き出すことができる他、味が染み込みやすくなる!

 

3.大根の両面に焼き色が付けば○と焼いた手羽中、手羽はしを加えアルミホイルを被せたら、10分〜15分中火で煮込む。

だれウマポイント

昆布のうま味成分であるグルタミン酸と鶏肉のうま味成分であるイノシン酸が組み合わさることでうま味の相乗効果が働き、うま味が飛躍的にアップする!

だれウマポイント

大根と手羽中を茹でる際にお砂糖を入れて一緒に茹でることで大根と手羽中が非常に柔らかくなる

 

4.時間が経てばアルミホイルを外して昆布と手羽はしを取り除き、醤油とみりんを加えたら、時々煮汁を回しかけながら中火で煮込む。煮汁が半分以下になり程よい艶が出たら完成!

時間に余裕があれば

出来上がった手羽大根を一度冷ますことで冷める過程において味が中まで染み込む!

 

ちょっと高いけど一生使えるだれウマおすすめ調理器具