だれウマ

筋トレ、料理大好きな大学生だれウマです!料理は簡単レシピからこだわったレシピまで幅広くお届けします!「簡単だけど本格的」をモットーに誰でも作れるように細かくポイント説明します。少し難しい料理でも写真とともに詳しく説明するので誰でも作ることができます。また「老若男女問わず誰でも料理は作れる」ということをこのブログで証明できるように頑張ります!たまに筋トレ、雑記も書きます。

甘すぎない!本格的でしっとり濃厚|半熟ガトーショコラの作り方|コツも紹介する

スポンサーリンク

f:id:muscle1046:20190209110410j:image

どのレシピよりも詳しく見やすく丁寧に。

どうも、だれウマです!

 

今回はクーベルチュールチョコレートで作る本格的なガトーショコラの作り方を紹介していきたいと思います。

 

生クリームはもちろんのこと、薄力粉などの無駄なものも極力抑えているためカカオ本来の香りや苦味を楽しむことができ大人な味に仕上げています。

驚くほど濃厚で生チョコのような口どけは、きっと誰もを魅了することでしょう。

 

本格的で口当たりの良いガトーショコラを作るために大事なコツ・ポイントをじっくり紹介しながら作っていきましょう。

 

 

動画版本格的ガトーショコラの作り方

半熟ガトーショコラの作り方をYouTubeにアップいたしました。

文字だけでは分かりづらいところは動画を見ればより分かりやすいかと思います!

是非ご覧くださいね!

 

また、今後も簡単レシピから、本格レシピ、そしてお菓子のレシピやパンにレシピ、おつまみレシピなどもどんどん公開していくので是非チャンネル登録よろしくお願いします↓

 

 

youtu.be

 

絶対に失敗しない!本格的で甘すぎないガトーショコラを作るためのコツ・ポイント(理由)

1.チョコレートは必ずクーベルチュールチョコレートを使用すること

(市販に売ってあるお菓子のチョコレートとは違い、カカオの風味が豊かで甘すぎることなく、リッチで大人な味に仕上げることができるため。)

 

2.卵黄と粉糖は白っぽくなるまでしっかり混ぜること

(ここでしっかりと混ぜ合わせなければ、グラニュー糖がダマになり、生地が均一にならないため)

 

3.メレンゲはツヤが出て、角が軽くお辞儀するくらいまで泡立てること

(メレンゲの泡立て不足や泡立てすぎは、焼き上がり時に膨らみが悪くなったり、陥没して形が崩れてしまうため。)

 

4.メレンゲを混ぜ合わせる時はゴムベラでさっくりと混ぜ合わせること

(せっかく作ったメレンゲの泡を混ぜる時に潰してしまったり、混ぜすぎたりしてしまうと、生地の膨らみが悪くなるため。)

 

コツ・ポイントをしっかり把握しましたか?

それでは早速作っていきましょう!

 

用意する材料はこちら↓

 

(材料 18cm型)

  • クーベルチュールチョコレート 125g
  • 無縁バター 125g
  • 粉糖 100g
  • 卵 3個
  • ココアパウダー 25g
  • 薄力粉 10g
  • 粉糖(盛り付け用)

 

クーベルチュールチョコレートを使用した本格的で濃厚な半熟ガトーショコラの作り方

1.今回使用するクーベルチュールチョコレート(コツ1)は大東カカオ株式会社さんのものです。

カカオ57パーセントで質も良いです。

カカオが50パーセントのものから70%のものくらいならばこのレシピに最適だと思います。

 

まずはクーベルチュールチョコレートを冷蔵庫から出しておきましょう。

 

要注意!

あらかじめ冷蔵庫から出しておかないと刻む時にすごく硬いので注意!

f:id:muscle1046:20190209105553j:image

 

2.18cm型にオーブンシートを敷いておく。

f:id:muscle1046:20190209105606j:image

 

3.クーベルチュールチョコレートとバターを適当な大きさに刻みボウルに入れる。

f:id:muscle1046:20190209123607j:image

 

4.クーベルチュールチョコレートとバターを湯煎し完全に溶かしておく。

 

要注意!

この時の水温は約50度くらい。温度が高すぎるとチョコレートが焦げてしまったり、油分が分離したり、風味を失ったりしてしまうので注意!


f:id:muscle1046:20190209123654j:image

f:id:muscle1046:20190209123648j:image

 

5.湯煎している間に卵を卵黄と卵白に分け、卵白は冷蔵庫でしっかり冷やしておく。

卵黄に粉糖を50g入れたら、白っぽくなりもったりてくるまで泡立て器でしっかり混ぜる。(コツ2)

 

コツ・ポイント!

卵黄と粉糖をしっかり混ぜることによってダマを防ぎ、均一な生地を作ることができる。

f:id:muscle1046:20190209105621j:image

 

 6.卵白を冷蔵庫から取り出したら、塩をひとつまみ加えて、右の写真になるまでハンドミキサーでしっかり混ぜる。

 

コツ・ポイント!

塩をひとつまみ加えることによってメレンゲを立てやすくすることができる。


f:id:muscle1046:20190209105723j:image

f:id:muscle1046:20190209105815j:image


7.次に粉糖50gを3回に分けて加え、その都度高速で混ぜる。

ツヤが出てきたら低速に切り替えて、最後の1分間はキメを整える。ハンドミキサーを持ち上げた時に角が立ちお辞儀すれば完成。(コツ3)

 

コツ・ポイント!

メレンゲにツヤが出てきて、角がお辞儀するくらいまで泡立てることによって、生地を焼いた時に形が崩れたり陥没したりするを防ぐことができる。

 

コツ・ポイント!

最後に低速に切り替えることによってキメの細かなメレンゲを作ることができる。


f:id:muscle1046:20190209105844j:image

f:id:muscle1046:20190209105851j:image

f:id:muscle1046:20190209105848j:image

 

8.先ほど混ぜておいた5の卵黄が入ったボウルに湯煎しておいたクーベルチュールチョコレートとバターを入れてしっかり混ぜた後、7のメレンゲを1/4入れて泡立て器でしっかり混ぜる。

 

コツ・ポイント!

メレンゲを初めに少し入れてなじませることによって、後で入れるメレンゲが混ざりやすくなる。

f:id:muscle1046:20190209105914j:image

 

9.次に薄力粉10gとココアパウダー25gを振るいにかけて入れたら、残ったメレンゲを3回に分けて入れ、その都度メレンゲを壊さないようにゴムベラでさっくりと混ぜる

 

コツ・ポイント!

この時に泡を崩さずにゴムベラでさっくり混ぜること。混ぜ方がわからなければ、動画をご覧ください。

f:id:muscle1046:20190209105953j:image

 

10.左の写真は2回目のメレンゲ、右の写真は3回目のメレンゲを入れてさっくり混ぜた後。

混ぜすぎずに、ゴムベラで少しずつさっくりと混ぜていく。


f:id:muscle1046:20190209105946j:image

f:id:muscle1046:20190209110255j:image

 

11.オーブンシートを敷いた18cmの型に生地を流し込み、ゴムベラなどで生地の表面を整えたら、軽く叩きつけて生地内に含まれる空気を抜く

170度のオーブンで約40分間焼成する。

 

コツ・ポイント!

空気を抜くことによって焼成後の形崩れを未然に防ぐことができるようになる。

f:id:muscle1046:20190209110329j:image

 

12.表面が乾燥し、ヒビ割れしていたら焼き上がりの証。

側面のオーブンシートを剥がし粗熱をしっかりとる。

f:id:muscle1046:20190209110349j:image

 

13.完成です。

粉糖や生クリームをかけてお召し上がりくださいね!

f:id:muscle1046:20190209110410j:image

 

感想

今回のガトーショコラはクーベルチュールチョコレートを使用して作ったのでカカオの上品な香りと上品な苦味が加わり、大人な味に仕上げることができました。

 

すごく濃厚で生チョコのような口どけでコーヒーによく合う味に仕上げることができました。

生クリームはもちろんのこと、薄力粉も少ししか使用していないのでチョコレート本来の味を思い存分楽しむことができると思います!

 

クーベルチュールチョコレートが家にあれば、是非試してみてくださいね!