だれウマ

筋トレ、料理大好きな大学生ヤッスーです!料理は簡単レシピからこだわったレシピまで幅広くお届けします!「簡単だけど本格的」をモットーに誰でも作れるように細かくポイント説明します。少し難しい料理でも写真とともに詳しく説明するので誰でも作ることができます。また「老若男女問わず誰でも料理は作れる」ということをこのブログで証明できるように頑張ります!たまに筋トレ、雑記も書きます。

筋トレを1年間続けてみて感じたデメリットを4つ紹介する。

スポンサーリンク

f:id:muscle1046:20181206235356p:image

筋トレを始めてから約一年半が経ちました。

筋トレを一年半続けると、メリットばかりではなく、デメリットもあるということに気づきました。

 

というわけで、今回は筋トレを続けることによって発生するデメリットを詳しく紹介していきたいと思います。

 

筋トレのメリットを書いた記事はこちらからご覧ください↓

www.yassu-cooking.com

 

筋肉を確実につけたいあなたにオススメのプロテインの情報はこちらからご覧ください↓

www.yassu-cooking.com

 

 

筋トレのデメリットその1:プロテインなどのサプリメント代やジム代、筋トレ必需品などにお金がかかってしまう。

筋トレを続けてみて一番デメリットだなぁと感じたことは、お金が多少はかかってしまうということです。

 

筋トレをこれから本格的に続けようと思っているのであれば、プロテインなどのサプリメントはもちろんのこと、ジム代や怪我予防のためのトレーニングベルト、リストラップなどを購入する必要があります。

※リストラップや、トレーニングベルトは必ず買わなければならないというわけではありませんが、腱鞘炎や腰痛予防のためにも早めに購入することをお勧めします。

 

僕の最近の1ヶ月間の筋トレ費用は約2000~3000円(プロテイン+bcaaの費用)です。

 

「え。意外に安い」

 

と思われると思いますが、僕は大学のジムを無料で使うことができるのでこのような値段になっております。

ジムは1ヶ月に5000~8000円程度の費用がかかるので、筋トレにかかる費用の1ヶ月間の目安は10000円前後となってきます。

 

もちろん、怪我予防のためのリストラップなどや、筋肉をより大きくするためのサプリメント(クレアチン、HMBなど)を購入するのであれば、より多くのお金がかかるということになります。

 

1ヶ月に10000円かかるとすれば、1年間で約120000円・・・

なかなか痛いですよね。

 

「ジムに通わずに家でトレーニングをすれば費用が浮くのでは?」

 

とほとんどの方が考えると思われますが、筋肉を大きくするのが目的であれば必ずジムに通った方がいいのでそういうわけにはいかないのです。

 

では、どのようにして筋トレ費用を削減するかと言いますと、コスパの良いプロテインや、筋トレ必需品を購入するこです。

 

コスパの良いプロテインを選ぶことによって、より安い値段で多くの量のプロテインを購入することができ効果も期待することができます

 

筋トレ初心者に超お勧めできるプロテインを3種類紹介しておりますので気になる方は下記のリンクからご覧ください。

www.yassu-cooking.com

 

同様にコスパの良い筋トレ必需品(トレーニングベルト、リストラップ)を選ぶことによって、より安い値段で長持ちする道具を購入することができるのです。

 

筋トレをこれから始める人のために筋トレ必需品をまとめた記事を書きました。

コスパの良い商品を紹介しているので是非参考にしてみてくださいね。

www.yassu-cooking.com

 

このように筋トレは案外費用がかかってしまうものですが工夫次第で、費用を削減することも可能なのです。

 

 

筋トレのデメリットその2: この前まで着ることができた洋服が着れなくなる

筋トレを長年続けていくと、去年着ることができていた服がピチピチになって着れなくなることが多いです。

 

特に僕は、去年まで着ることができていた夏の服やスーツがピチピチになってしまい着ることができなくなってしまいました。(ピチピチになって着れなくなると普通の人は悔やむのですが、なぜか僕は「筋肉が大きくなった!」と喜んでいましたけどね・・・笑)

 

また、着る服のサイズがなかなか合わなくなり、最終的には特注で頼むことになったりもします。

 

筋トレを続けていくと、肩幅や胸囲が今以上に大きくなるので、今のうちに大きめの服を購入することをおすすめします!

 

筋トレのデメリットその3:筋トレは時間がかかる

これから本気で筋トレを始めようと意気込んでいるのであれば、最低週に2回はトレーニングを行うべきです。

 

トレーニング時間は大体1~2時間が平均なので自分の時間に余裕がないとなかなかトレーニングに集中することができません。

また家からジムが近ければ問題ないのですが、遠い場合はなおさら筋トレにかける時間が長くなってしまいます。

 

実際に筋トレをする時間が思ったより取れなくて継続することができずに辞めてしまう方も多いですので、これから本気で筋トレに向き合おうとしている方は、まず自分の時間に余裕があるかを確かめてみたほうが良いと思います。

 

筋トレのデメリットその4:筋トレをした後異常に眠くなる

筋トレをした後は必ずと言って良いほど眠たくなってしまいます。

僕は筋トレをした後に、いつもバイトをしているのですが、バイト中は睡魔に襲われてしまい、なかなか仕事に集中することができません笑

 

つまり何が言いたいかというと、筋トレの後の大事なスケジュールに支障が出たり、仕事がおろそかになってしまうということです。

 

筋トレの後に眠たくなってしまう理由は、疲労、過度なトレーニングによる糖質不足、自律神経の働きなどが関係するようです。

 

筋トレをした後は、必ずと言って良いほど眠気に襲われるのであらかじめ筋トレをする時間には配慮しておくべきです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

僕が筋トレを続けてみて感じたデメリットは上記が全てになります。

今回は筋トレのデメリットを紹介致しましたが、筋トレの魅力的なメリットは、これ以上にたくさんあり、あなたの人生をより豊かにすることも事実です。

 

僕は、上記のようなデメリットがあっても、筋トレを行うことによって発生するメリットはすごく魅力的なので筋トレを長く続けることができています。

 

これから筋トレを始めようとしている方は特に、あらかじめに筋トレのデメリットを知っておいたほうが筋トレを長く続けることができるのは間違いないです!

 

筋トレのデメリットを知った上で、そのデメリットの対策していけば、あなたもきっと楽しい筋トレライフを満喫することができることでしょう。